10月 7th, 2015

そのままの勢いで下巻も終了しました。めちゃくちゃ面白かったですね、これ。ぞわぞわと物語が生き物のようにすすんでいく、まさにぞわぞわと。宮部節とも言える、負の掛け算連鎖積み重ね。悪い事や不幸が起こった人にはそれがたとえ悪人でなくても、善人でなくても、中間の人にまで負が降り注ぐという非常〜に悪趣味ともとれる現象が畳みかける。それがまた現実感があり、読み物としては面白いんだな。いざ現実に自分に降りかかると思うと、震えるほどに恐ろしい。