食材

色々な名のある海が日本に多々あるけれど、瀬戸内海も気前がいい。鯛や小イワシ、サワラやアサリ、カレイや車エビの美味しさは折り紙つき。もちろんタコも。近年は生息個体数がかなり減っているみたいなのが問題だなぁ。無茶な漁獲をやめないとホントにタコがいなくなってしまう・・・。

生でよし煮て良し、茹でても焼いても炙っても揚げても味も食感も良くてホントに素敵なタコだ。

このヌルヌルを

塩で揉んで揉んで揉んでよーく揉んでやるとツルッとさっぱり美人のタコが現れる。

時々足が「・・・」なタコも稀にいる。この再生能力は本当に凄いな。

しかしタコを初めて食べたのは誰で、いつ頃の事なんだろうか?

海に潜ってまで採っていたんだろうか?それとも網に偶々入っていたけど、気持ち悪いけど何とかして食べてみようか、と思ったんだろうか?どちらにせよ、初めてこれを口にしようと思うのはかなり勇気がいると思うんだけど。。

今では画期的な栽培方法により一年中手に入るようになった椎茸、歯応え良く、味良し、香り良し、守備範囲も広い!言う事無しな位活躍してくれる茸の一種を、鶏モモ肉をフライパンで焼いた時の出汁を濾し、またオーブンから取り出した時の出汁も濾して合わせたものでソテーしてやるだけでグッと味が力強くなってくれて大好きです。ジャガイモとかも美味しいから好きだな〜。

魚のブロードを取った時もキャベツに吸わせてやったりしても美味しいし、賄いの風味付けにも、鍋のだしにも最高!この出汁で鰯のツミレ団子の鍋とか、、もう暑いな。

便利な道具があればまだまだ作るのが簡単に、スパッといくんだろうけど

今のところ手持ちの道具で仕上げていく。

ミンチを捏ねるのにも温度上がらないように手早く冷たいうちに終わらせたい。

そうするともう激しく冷たくて手が痛い、だんだんと麻痺してきて感覚がなくなる。。

頭の中までジンジンしてくる。

それでも食べて「美味い!!」と言ってもらえるならば。

 

サルシッチャはいろんなバリエーションというかバージョンというかタイプというか、

やっぱり伝統的に作られ続けてきたものというのは奥が深いな〜。

地方地方の味やエッセンスだったり、国によって違っていたり。シンプルだからこそ身近なものを使って工夫して作られてきたんだろうなぁ。それにしてもよく考えられた食べ物だ。

 

1 13 14 15 16 17