自然

これがみかん山だ!

真ん中に見えるレールがモノレール線でシーズン中はみかん満載のコンテナをこれで下に運ぶ。みかん山は斜面。足場は悪い、急、危ない、でも美味しいみかんはこの地ならでは。

柑橘の島 蒲刈のみかん山。だいたいこんな感じで陽当たりを求めて斜面に木が植えられてる。1本の木になったみかんを取り尽くすだけでも結構大変。そして難しい所の実をもぐのは職人技、そして危ない。ボクも前に頑張ってみたら、斜面に立てた斜面用脚立が滑って墜落、見事にアゴが切れた。。。一山終わらせるのは本当〜〜に大変。

↑何か叫びたくなった人、まだまだ青年です。

一番下まで降りたくなった人、少年の心のままに決定。

釣りしたくなった人、釣り師決定!ボクはどれもしたいけど、最近の希望は釣りがしたいなぁ。でも竿投げてじっと待つほど時間ないんだよな〜。じゃぁ忙しい釣りならいいのかといわれるとそういうわけでもないんだな。筏に乗ってハンドリールの釣りも捨て難い。。。困ったな。

ずっと降り続いてる広島地方の大雨も昨日からの降雨がピークだったんじゃないかな?広島で一番太い川、太田川放水路も今朝方どんどん気味が悪いくらいに増水していき、普段は気持ちのいい芝生のところにも少しずつ濁流が増えていき、芝生の所に溢れてきたな〜と思ったら、もう一気に水で埋め尽くされた。自然の力には驚かされるばっかり。ほんと気味が悪いくらい。十何年か前は同じ場所があと数十センチで堤防決壊、というところまできたことがあるらしい。

今日はその後は雨も少し落ち着き、何とか冠水浸水被害はこの辺はなかったので助かった。ただ営業後店の外を流れる川を見ると、川の所にだけ綺麗に霧がかかってて、さながら山間の温泉地の側を流れる川の様。

そんな一つが安佐動物園。ZOOだけにず〜っと昔からある動物園。小さい頃に行ったきりで全然行ってなかったけれど、子供が生まれてからちょくちょく行くようになった、というか、行く度に一番燃え上がるのがボクだったりする。お弁当を持って行って、歩いて遊んで食べて喋って走って笑う、というシンプルな行為が大切な人と一緒だとこれほど気持ちのいいものはない。むしろそれに対する飢餓感を感じるほどだ。そろそろ、動物園が待ってるか〜〜?

ライオンが猫と仲間なんて反則だろ。似てるとこなんて肉球だけじゃないか!しかしライオンの鳴き声はとってもとっても美しい。めったに鳴いてくれないんだけど。どれくらいでももう一度聞きたいと待っていたくなる。相手のライオンと完全にコミュニケーションをとっていた。言語を使うのは人間だけなんて奢った考えを持ったのは誰だ!ライオンだって魚だって植物だって、誰だって相手とコミュニケーションを持つ力を持っている。

釣りが好きで有名なこの人。。

とある大会で釣り上げたらしいけど、

デカ過ぎでしょこれ。。

pn2009112201000440-ci0003

この後築地に送られ競りにかけられたらしい。

ランキングに参加してみました。ぽっちとお願いします☟

br_decobanner_200911271600282



先日父母が名古屋に行った帰り神戸のazzurriにも寄ったみたいです。店主のサッキーさんのazzurri、この日もたくさんのお客さんが来てくれていたようです。その帰り、

出た!

dsc09633

ウリ坊。。神戸の北野の辺りは山手なのでイノシシがいるのは珍しくないとの事。道行く人も普通にササッと避けて通行するらしい。珍しくないと言ってもそれはウリ坊、親の方は警戒心が強い為かやはりレア物みたい。親はかなり大きいらしくさすがにあれは怖いらしい。小型の軽くらいはあるんじゃないだろうか、目の前にそれくらいの生物が出現したらそりゃ恐ろしい。丸腰の状態では人間はきっとほとんどの生物に勝てないんじゃないだろうか。。

しかしウリ坊が人間の側にいるのに、親は近くで息を潜めているというのもちょっとなんだかな〜と思ってしまうのは僕だけだろうか?生物が生き残る鉄則なんだろうか?

今日も届けてもらいました!ミカンの冬です。今年は色々あって一回ももぎに行ってない。。。

ニュースでは今年もインフルエンザがまた発生している模様、しかも結構強いタイプらしい。かかって分かる日々の健康のありがたみ、にならないようにしっかりミカンでビタミンを取ろう。

しかしこのミカンをもぐ仕事というのは本当に大変だ。低木タイプのものならそれほど苦労しないけど、大きい木になるとそれによじ登ってもぐ、さらに枝先ともなるとこれはもう一歩間違えると2メートル位下へ落下と本当にデンジャラスになってくる。その木の全てをもぐ事が出来たらやっと一人前だけど、本当の先はまだ出来ない。しかも陽当たりを確保する為にミカンの木は斜面に植えられているので、場所によっては3メートルもしくは4メートル位の高さになるんだな。ふと手に取ったそのミカンもそんなデンジャラスな位置にあったものかもしれない。職人技の一個ですよ。

野菜スペシャリストに注文した無農薬栽培の大根が届きました・・・

デカイ!デカ過ぎるぞ!!ってくらいにデカくて箱を開けた瞬間にたまげてしまった。でも大味な事もなく、スカスカもしていず、しっかり詰まってて美味。大根おろしも美味しそうだ。昼の賄いに試しに茹で豚を作る時に出る野菜との煮汁を使って大根に含ませるように炊いてみたらこれも美味しい。おでの要領だけど、豚の旨味を持ちつつ、他の野菜の香りもしつつ、食べたら大根の香りと甘みが出てきて冬がやってきたのかもしれないという実感も出る。

葉っぱは、パスタに、塩揉みに、スープにと使い道は事欠かないのが凄い。