イタリア

ホールアルバイト募集してます。

キッチン経験者、未経験者。ピッツァ経験者も募集中です。

ナポリの前半戦は完全に時差ぼけだったなぁ。午前2時に寝ても4時に目が覚め、午前中が鬼のように眠たい。

しかし、明け方のナポリは美しかった。カオスの中に生み出された美か、混ざりに混ざり合った精神世界の長い果てか。雨だったけどね。ずっと。

DSCN5533

ナポリのピッツェリアは古〜〜〜〜いお店も多い。とにかく古い。何世代にも渡って経営されているお店も多く、古すぎて改装している店も多く、その歴史を感じる箇所は見えにくくなっているかもしれないけど、よく見るとそこかしこに歴史を感じる事が出来る。面白いですよー。

ナポリの街歩きをして歴史を感じるピッツェリアに出会ったら是非入って食べてみて下さい。そして作業場のあちこちにかっこいい場面が一杯あります。

DSCN5500 DSCN5501 DSCN5505

イタリア国内のみならず、日本のピッツァ業界でも圧倒的なシェアを持つカプート社の小麦粉。実際のラボではかなり科学的に研究していました。その結果を元にデリケートな配合をされていました。リーバでも使っていますが、やっぱりこれは外せません。工場の方では呆れるほどの量が毎日毎日生産されているそうです。1日の生産量を聞いたんだけど、多過ぎて忘れちゃいました。

DSCN5542 DSCN5547DSCN5546

フレッシュなトマトの種類が豊富なのがとっても羨ましい。ただのミニトマトに見えるかもしれないけど、全然別物。果肉と皮の食感とマイルドな旨味の詰まった野菜としてのトマト!のような存在感がただただ素晴らしい。

そして激しくヘビーな重量級の味わいだったリピエーノ。これはキツかった。

DSCN5528 DSCN5529 DSCN5530

ローマやミラノよりもいまだに圧倒的に多いのが小さなハム屋というか総菜屋というか、非常に便利なお店。大好きです。店によって品揃えは様々。水もあればジュースもあるし、ビールもある、チーズもある。パンの種類も豊富な店もあれば、少ない店もある。好きそうなパンがあれば、好きなサラミやハムとチーズなんかでパニーノを作ってもらえば超美味です。物凄く固いパンしか置いてない店だとちょっと厳しいかな?でも大概は数種類あって形も様々。そして安い!まず生ハムとかも1キロや100gであろうと、日本とはまるで値段が違う。色んなサラミやハムを数種類切ってもらって食べ比べるのも楽しい。

ちょっとした惣菜もあり、近所の子供がマンマのおつかいに寄越されてたりします。

DSCN5520 DSCN5521 DSCN5523

ホテルに移動して荷物だけ置いたら23時過ぎ。とりあえず一緒に研修を受ける仲間と待ち合わせて食事に出る。ホテルから近い老舗のアッティーリオ。最近の流行の食感かな?フワッとした口当たりの仕上げ。星型ピッツァ=ステッラの生みの親と言われるお店。

パンナコッタも昔ながらに固い。固くて、甘い。食べて喋ってたら午前1時頃で店の皆んなも賄い食べてたので、撤収。

IMG_3796 IMG_3797

関空からアリタリアで関空ーローマーナポリの乗り継ぎで、22時半くらいにナポリの空港に到着。何と荷物もすんなり早く出てきた!

実に不便過ぎる時間ですね。しかし直行便ならしょうがないか。

着いた時には大雨。メチャクチャ寒い。冬のナポリは厳しいぞ。ローマーナポリの便は日本からツアーの方も沢山おられ、ナポリに色々な年代の方が足を運んでくれているのを見ると何だか嬉しい気持ちだった。ローマやミラノほどの大人気ではないが、皆知っている。太陽とピッツァとトマトの街、ということを。

IMG_3793 IMG_3794

無事にナポリより戻りました、と言っても1週間程でしたが。しかしながら異常なくらいの濃密なスケジュールと内容で結果的には大満足でした。毎度の事ながら行けば必ず凄く刺激を受けますが、今回のはまた倍掛けで凄かった。何が凄いってナポリにとってのピッツァのあり方や、ピッツァに関わる人間全てが面白かったというか。そしてボクラも加盟しているこのverace pizza napoletanaという協会に加盟している仲間の考え方や仕事振りはやはり唯一無二の存在であり、一生懸命努力しないといけないな、精進精進と思ってます。

IMG_4402

現在本部で本気会議中。
マジメです。

(null)

天気が悪い。とにかく悪い〜。毎日雨で傘さしてます。

(null)